ポスタービジュアルポスタービジュアル
ビリングビリング
ポスタービジュアルポスタービジュアル

人生最悪の1日

INTRODUCTION

阿部顕嵐「7ORDER」×板垣瑞生若手人気実力派No.1 による激熱バディ!

脚本:内田英治『ミッドナイトスワン』×監督:藤澤浩和『レディ・トゥ・レディ』 が激熱タッグ!

7人組ユニット・7ORDERの阿部顕嵐が、ついに長編映画初主演を飾る。記念すべき第一歩に選んだのは、観る者すべてを巻き込む“バイオレンス×再生”の青春エンターテインメント『ツーアウトフルベース』だ。

甲子園出場という破れた夢を引きずり、堕落したジャンクな日々を送る元高校球児のイチとハチ。ドラッグと高級アメ車に手を伸ばしたことからハプニングが大勃発!最強ヤクザと最恐の不良、さらにはポンコツ刑事にまで追いかけられる人生最悪の1日を疾走するハメになる。クエンティン・タランティーノやガイ・リッチーを彷彿とさせる時代&時制シャッフルを駆使したハイテンポ&ハイテンションのセカンドチャンス劇。この二死満塁からのハードな大逆転は、日本中の、いや世界中の映画ファンの胸にドストライクで突き刺さる。

堕落の日々を送るもバンド活動を夢見てもがく元高校球児のイチに扮するのは、映画初主演の阿部顕嵐。次から次へと訪れるピンチに翻弄されながらも立ち向かっていく様を、堂々たる演技で体現し新境地を開拓した。そしてイチの野球部時代の相棒で、もはや腐れ縁のハチを板垣瑞生がバディ感を持って受けて立つ。お調子者だが情に厚いハチ像をユーモア交じりに表出。俳優としての図抜けたセンスと反応の良さを見せつける。さらに、元野球部のマネージャーで今では同じくジャンキーの先をモーニング娘。OGの工藤遥、ヤクザの組長を渋川清彦、不良グループのリーダーを後藤剛範が熱演。企画プロデュースを務めた新羅慎二も謎の男アントニオ役で怪演を披露し、7ORDERの諸星翔希が売人を演じるなど贅沢なメンツが集結した。

脚本を提供したのは、映画『ミッドナイトスワン』(20)で映画賞を総なめにした内田英治。内田が長年温めてきたハイテンションストーリーを、長編映画2作目となる賢才・藤澤浩和が演出し、1作目とは一転、熱くも可笑しいブラザーフッドを描き出す。

7ORDERが歌う新羅慎二と大沢伸一書き下ろしの主題歌「レスポール」がエンディングを飾る時、イチとハチに残ったものとは…。 青春時代に禍根を残す男ふたりの“青春”エンターテインメント!

STORY

観る者すべてを巻き込む
ハイテンポ&ハイテンションのセカンドチャンス物語

かつてはプロ入りが期待されるほどの高校球児だった「イチ」と「ハチ」。甲子園出場が決まり、明るい未来が待っているはずだった。しかし、部内の不祥事により出場が取り消されてしまい、彼らの転落人生がはじまった――。

10年後、薬物にまで手を出し堕落した生活を送っていたふたりは、軽い気持ちで不良グループのリーダーから高級アメ車を借りたばっかりにハプニングが大勃発! 町のヤクザに因縁をつけられ、アメ車をカツアゲされてしまう。右往左往しているふたりは、偶然にも野球部の元マネージャー早紀と再会。早紀は、あろうことかヤクザの車を盗んでいた。ふたりが三人になり、ヤクザに追われ、不良グループからはアメ車の催促、さらには警察からも目を付けられ、まさに絶体絶命の大ピンチ! 思い出すのは10年前、甲子園が決まったあの日のマウンド。二死満塁。ゲームセットにはまだ早い!

CAST PROFILE

  • 阿部顕嵐

    イチ:阿部顕嵐ICHI:Alan ABE

    1997年8月30日生まれ、東京都出身。
    2019年5月より7ORDERとして活動を開始。個人では俳優としての活動を中心に、「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage 」(19)、「October Sky-遠い空の向こうに-」(21)など舞台出演のほか、主演ドラマ「さよならハイスクール」が待機している。また、本作が映画では初主演となる。

  • 板垣瑞生

    ハチ:板垣瑞生HACHI:Mizuki ITAGAKI

    2000年10月25日生まれ、東京都出身。
    2014年、『闇金ウシジマくん Part2』(山口雅俊監督)でスクリーンデビュー。翌15年の『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(成島出監督)では1万人を超えるオーディションで準主役を勝ち取り、その演技で日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞した。以降近年では、数々の映画話題作や朝ドラ、大河ドラマで活躍を続け、22年は映画では『君が落とした青空』(Yuki Saito監督/2月18日(金)公開予定)、3月より放映の「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」が待機している。

  • 工藤遥工藤遥

    早紀:工藤遥SAKI:Haruka KUDO

    1999年10月27日生まれ、埼玉県出身。
    2017年にモーニング娘。を卒業後、女優として活動中。『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』(18/杉原輝昭監督)で映画デビュー後、20年には『のぼる小寺さん』(20年/古厩智之監督)では映画初主演を務める。近年の主な映画出演作に、『461個のおべんとう』(20/兼重淳監督)、『大コメ騒動』(21/本木克英監督)、『樹海村』(21/清水崇監督)などがある。

  • 後藤剛範後藤剛範

    ヒロポン:後藤剛範HIROPON:Takenori GOTO

    1983年6月27日生まれ。東京都出身。
    2007年から舞台を中心に活動を始め、現在は劇団オーストラ・マコンドーに在籍。12年に『トリハダ -劇場版-』(三木康一郎監督)で映画初出演し、以降、映画、TVドラマ、舞台と幅広く出演を重ね、「全裸監督」シリーズ(19~/Netflix)のラグビー後藤役で注目を集める。21年は『成れの果て』(宮岡太郎監督/12月3日公開予定)が控え、22年には初主演作品『大事なことほど小声でささやく』(横尾初喜監督)が待機している。

  • 渋川清彦渋川清彦

    オニヘイ:渋川清彦ONIHEI:Kiyohiko SHIBUKAWA

    1974年7月2日生まれ、群馬県渋川市出身。
    KEE名義でモデル活動を経て、98年に豊田利晃監督『ポルノスター』で映画デビュー。大崎章監督『お盆の弟』(15)、越川道夫監督『アレノ』(15)の2作品で第37回ヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞。 平山秀幸監督『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』(19)、阪本順治監督『半世界』(19)、長久允監督『ウィーアーリトルゾンビーズ』(19)で第32回 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞/助演男優賞を受賞。あらゆるジャンルの作品に欠かせない存在となり100本以上の作品に出演している。近年の主な映画出演作に、『聖地X』(21/入江悠監督)、『偶然と想像』(21/濱口竜介監督)、配信映画「雨に叫べば」(21/内田英治監督)など。22年には『ちょっと思い出しただけ』(松居大悟監督/2月11日公開予定)が待機している。

STAFF PROFILE

メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像 メイキング画像

脚本:内田英治Screenplay by Eiji UCHIDA

1971年生まれ、ブラジル・リオデジャネイロ出身。
99年「教習所物語」(TBS)で脚本家デビュー、2004年に『ガチャポン!』で監督デビューを果たす。14年の『グレイトフルデッド』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ多くの主要映画祭で評価され、16年の『下衆の愛』は東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など世界30以上の映画祭にて上映され注目を集めた。20年に『ミッドナイトスワン』で脚本・監督を手掛け、第44回日本アカデミー賞優秀監督賞、優秀脚本賞、最優秀作品賞を受賞。

監督・脚本:藤澤浩和Directed and Screenplay by Hirokazu FUJISAWA

1981年生まれ、兵庫県出身。
2004年、『パッチギ!』(05/井筒和幸監督)にボランティアスタッフとして参加。その後上京し、助監督として崔洋一、金子修介、深作健太、矢口史靖、ミシェル・ゴンドリーなど多くの監督のもとで経験を積む。11年に文化庁若手映画作家育成プロジェクトで「嘘々実実」を監督。20年に前代未聞の女性同士の社交ダンスを描いた『レディ・トゥ・レディ』では脚本も務め、長編監督デビューを果たした。

企画プロデュース・アントニオ:新羅慎二Planning and Producing.ANTONIO:Shinji NIRA

1976年4月6日生まれ、東京都出身。
2003年に湘南乃風のメンバー「若旦那」としてデビューし、11年よりソロ活動をスタート。自身のアーティスト活動の他にも様々なアーティストのプロデュースや詞曲提供を行う。18年からは本名「新羅慎二」名義で本格的に俳優などの活動をスタートさせる。さらにムコ多糖症候群患者の支援活動や自然災害被災地の支援活動を行い、地球、生態系、社会のつながりをテーマに、自身初の著書『循環』の責任編集を務めるほか、ヴィーガンフード・ナッツミルク専門店「The Nuts Exchange」をプロデュースするなど芸能の枠にとらわれない幅広いクリエイティブ領域で活躍中。21年より、株式会社KSRの取締役会長に就任するなど、実業家としての顔も持ち合わせる。

COMMENT

  • イチ:阿部顕嵐 / ICHI:Alan ABE

    阿部顕嵐

    僕の夢の一つでもある映画主演のお話を頂き本当に嬉しかったです。映画は公開され、皆さんに観てもらうことで完成するので、今はまだ夢の途中です。脚本を初めて読んだ時、息をするのを忘れてしまう程怒涛の展開で、すぐに読み終えました。このお話を頂く前から、内田英治さんの脚本作品は「下衆の愛」や「ミッドナイトスワン」など他にも拝見していたので、今回、内田さんの世界で生きることができ光栄です。現場では藤澤監督を始め、素敵な方々とご一緒でき、この上ない幸せです。ツーアウトフルベースでギリギリの状態でしたが、たくさんの方に支えてもらい楽しく自由に撮影をさせていただきました。作品は自分自身の人生とも重なる場面がたくさんありました。僕らしい、波瀾万丈でスリリングな、一瞬一秒たりとも見逃せない作品となってますので、是非スクリーンでご覧ください。グランドスラム叩き込みます!

  • ハチ:板垣瑞生 / HACHI:Mizuki ITAGAKI

    阿部顕嵐

    初めて台本を読ませて頂いた時に、台本の面白さと今の自分にしかできないんじゃないかという気持ちになり、本気でこの役にぶつかって行きたいと覚悟が決まりました。撮影は本当に素敵なスタッフの皆さんと監督の一回一回新鮮に受け止めてくれる姿になんでもやって自分を絞り出したい、どうやったらできるだろうとワンカットワンカットの挑戦が楽しみでしょうがなかったです!それに相方の顕嵐の男としての姿と気概がとても気持ちよくタッグとして最高でした。この映画は生きてたらぶつかったりうまく行かなかったりして逃げてしまった時、その逃げからも逃走した人達の話しだと思います。全力で走った結果どうなるかわからない人生を一緒に楽しんでください。

  • 早紀:工藤 遥 / SAKI:Haruka KUDO

    阿部顕嵐

    思い返せば、撮影中の全てが青春の1ページのようです。ただ、やってる事や出てくる人達は、完全にアウトローです。なのに、憎めなくてどこか応援したくなるような魅力は、お二人をはじめ、藤澤監督や出演者の皆さんの人柄だと思っています。一筋縄ではいかない撮影期間でしたが、皆様にお届けできる事が決まり、安心しております。ぜひ、劇場でお楽しみ下さい!

  • ヒロポン:後藤剛範 / HIROPON:Takenori GOTO

    阿部顕嵐

    脚本で内田英治さんの頭の中を旅をしました
    藤澤監督の尖った器を壊さないよう
    新羅さんとの役を深める作業は音楽的で遊び心が刺激され、映画の撮影をしてるのか忘れるくらいとてもスリリングな撮影になりました
    生き生きしまくってる若者達と酒の匂いのするおっさん達の玩具箱を是非ご覧ください
    登場人物全員アホで愛らしいです

  • オニヘイ:渋川清彦 / ONIHEI:Kiyohiko SHIBUKAWA

    阿部顕嵐

    苦手な関西弁やコロナなどとの闘いの中、なんとか走りきり、ヒロポン役の後藤君との対峙にしびれました。今の世はツーアウトフルベースな感じの状況だが、映画には何かしら一発逆転出来る力があると思っている。「ツーアウトフルベース」、期待してます。

  • 監督:藤澤浩和 / Directed by Hirokazu FUJISAWA

    内田英治さんのゴキゲンな脚本に、自分がレンタルビデオバイト時代に好きだった映画を詰め込んで、最高のスタッフと共に、伸び伸びと過激に作り上げました!俳優部にはリハーサル時から、たくさんアイデアを貰って取り入れています。それぞれが今までに見た事のない、新しい素敵な顔を見せてくれています!お先真っ暗、アウトな奴らが踏まれても蹴られても立ち上がり、一発逆転を狙う一夜の物語。ご期待ください!!

  • 脚本:内田英治 / Screenplay by Eiji UCHIDA

    まだ駆け出しの頃に書いた脚本を、藤澤浩和監督に映像化していただきました。ストレートでまっすぐな、犯罪巻き込まれ型ストーリー。自分では野球をやったことないのになぜか主人公たちが元野球部員という設定で、若手俳優たちがのびのびと演じています。あっという間の疾走映画です。お楽しみください!

  • 企画プロデュース・アントニオ:新羅慎二 / Planning and Producing・ANTONIO:Shinji NIRA

    阿部顕嵐

    ほとんどの現場に付き合わせてもらったんですが、面白すぎて笑いを堪えるのに大変でしたよ。本当はオニヘイ役をやりたかったんですが、、アントニオ役もやりがいありました!内田監督と藤沢監督とはストーリー作りの足し算引き算もキャスティングもやらせてもらいましたが、映画作りって究極のエンタメだなと思い、この先も映画作りに没頭する自分の未来を感じました!是非、楽しみご覧ください!

PAGE TOP